BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

駆虫! 

11月20日に我が家の仲間入りをしたヘルメットゲッコーのペア。
ミニチュアサイズの癖に凶暴で、頭でっかちの可愛いやつ。
導入後1ヶ月を過ぎ、餌の度に飼い主の指に喰い付いて来るのはなくなった。

毎日デレデレと可愛がっていたが、前回書いたようにメスが受け口だったり、目玉の縁に脱皮の皮が引っ掛ったりと観察しているうちにふと疑問に思って販売時説明書をもう一度見たら。

生産地または原産国  「モロッコ」

うん、モロッコ原産だねぇ、サハラ砂漠に住むヤモリだもん。…えっつ? ワイルド?
原産国として書いてあるだけのCBかとも思えるので販売業者のサイトを見ると、ワイルドとの記載。CBと思い込んでいたがメスにスレがあるのでまさかねー?と確認したらWCだった。基本WCは買いたくないのだがイベントの雰囲気で確認していなかった。

CBなら迎え入れて1ヶ月以上経って環境に慣れて落ち着いてからと思うのだが、ワイルドなら寄生虫を持っている可能性がCBと比べて格段に上がるので早急に検査したい。
と言うことで「こんなに小さいのに虫が居たとしても駆虫掛けられるんかなー」とかもちょっと思いつつ導入後2週間程度で動物病院へ。

結果、オスの方の糞便検査で出ました虫てんこ盛り。原虫類・線虫・ギョウ虫・鞭毛虫と豪華絢爛な…。

流石ワイルドというか何というか。

お腹の虫を沢山飼っていたオス個体。飼い主の手が傷だらけなのは前日にリオンの体重を量ろうとして「プライバシーの侵害です!」と暴れられて手に穴が空いたから。

ヘルメットゲッコー

自然界では爬虫類は寄生虫を持っていて当たり前。寄生虫も宿主を殺してしまっては自分も生きて行けないし、宿主の爬虫類の方も自然界で身に付けた免疫力や天然の餌を食べることによって得る腸内バランスで寄生虫に健康を害されずに生きて行く。
しかし飼育下では自然とは食性も違いそのため腸内細菌等のバランスも違うため、何かの弾み、例えば個体がちょっと調子を崩した時に寄生虫が爆増して健康を害する原因になる。下手すれば死ぬ場合も。

とか理由を付けているけれど、もちろんそれが第一だがまた別に生理的に自分が飼っている動物に寄生虫が居るというのが受け付けないのもある。寄生虫、ダメ、絶対(笑)

と言う訳で現在2匹仲良く駆虫中。
メスには幸いその時の検体では寄生は見られなかったけれど、同居しているので感染っている可能性もありなので2匹一緒に駆虫薬を投与することに。

巻き添えを食った?メス個体。

ヘルメットゲッコー


しかし駆虫薬の分量がこれまでと桁違いの微量。何しろ投薬開始時の体重が2匹共10gもない。
原虫対策の抗生剤と、線虫類を殺すためのフェベンタゾールの二種類。ごくごく薄く配合された薬液を極細のシリンジに更に細い口金を付けて0.01mlずつ。
抗生剤は2週間毎日、フェンベンタゾールは2週間に一度を4クール。

フェンベンタゾールは線虫類には激烈な効果を示し、一度の投与で成虫は一掃するが卵には効かないので卵が孵った頃を見計らって2週間置きに投与する。2回から念入りに4回の場合も。

薬剤が微量なのでちょっとシリンジに吸い過ぎたり、投与中に空気が入ってシリンジ先に余っている分(容量として計算しない)が出て来てしまったりするとすぐオーバードーズになる。多過ぎる薬もまた毒なのでかつてない神経質さで計量して投与している。


しかしこの二匹、投薬に対する苦情がうるさい。オスは飲ませた途端に「キェー!」と叫んで走って逃げるし、メスも「キャー!」と叫んで威嚇する。抗生剤が苦いらしい(笑)

でも翌日にはすっかり忘れて餌を貰いに来るのでアホの子だな。

まだまだ(多分一生)こんなサイズです。

ヘルメットゲッコー

ヘルメットはオスよりメスの方が大きくなると聞いたことがあるが、そのせいか何か、たった一ヶ月で体格にかなりな差が出て来た。

導入時、オス5.6g、メス6.8g。
それが現在オス6.8g、メス10.2g。駆虫を開始してからオスの食欲が若干落ちたとは言え…。
メス太り過ぎだろう⁈(笑)

名前も大体決めたのでまた次回。
いつもながらペットの名前は中二病風味。

2011/12/26 Mon. 13:54 | trackback: 0 | comment: 2edit

膿瘍の治療(2/2) 

手術の後の再受診からのルー。

普段通り飼い主に愛想良く元気。
「ご飯ですか?」
ヒョウモントカゲモドキ


6月11日、再再診前。すっかり傷も小さくなって赤みもない。
左足の太股裏の皮膚が薄い部分は昨年の大怪我の傷跡。一番酷い箇所でザックリ肉がなくなっていたがここまで治っている。
ヒョウモントカゲモドキ


受診、傷の具合を見て貰い問題ないようなので抜糸して頂いた。

筋状のカサブタが残るのみ。投薬と消毒も終了。
ヒョウモントカゲモドキ

抜糸した夜、脱皮が始まり白くなりかけ。脱皮と一緒にまだ生っぽいカサブタを毟らないよう、脱皮を見守った。
ヒョウモントカゲモドキ

この目の輝きは失わせたくないものです。
ヒョウモントカゲモドキ


7月1日、手術後約1ヶ月半。抜糸後2回の脱皮を経た傷跡。カサブタも綺麗に取れた。
ヒョウモントカゲモドキ

大事な所を手術したにも拘らず元気に復活してくれたのを感謝しつつ通常の管理に復帰。

実は手術前より太ってしまった。
拒食に備えて食べさせ+早く治るには栄養が必要よねと思っていたのもあって、そして何しろ飼い主がケージ前を通っただけで目をまん丸にして急いで寄って来て餌をねだるので、毎日好きなだけ食べさせていたら100g突破。

ヒョウモントカゲモドキ

手を出すとこうやって乗って来るのでついつい「ご飯食べる?」とやってしまうが太り過ぎもいけないのでほどほどに。

ヒョウモントカゲモドキ


昨年に続いて今年も災難に見舞われたルーだけれど、運は持っているのか悪運が強いのか今回も無事回復。
満身創痍という言葉そのままに、全身傷跡だらけ。しかしその傷跡も愛しいと思えるのは無事回復してくれたから。
今回のトラブルの原因は良く分からないけれど(何かの弾みにヘミペニスに外傷+細菌感染だが交尾もしていないし何故そうなったのか?)、珍しいことでもないようで再発もし易いということなのでルーに関しては今後も特に注意が必要。もう何もありませんように。

お陰でオス個体は週一で股間をチェックする癖がついてしまった飼い主。
「なにすんのーやめてー」とジタバタするみんなを裏返してしげしげと股間を見つめ、玉袋を触って確認。人が見たら立派な変態ですね。

早期発見早期治療、ちょっとでも異常を感じたらすぐ受診しましょう。


2011/07/12 Tue. 23:26 | trackback: 0 | comment: 4edit

膿瘍の治療(1/2) 

病気カテゴリなので傷画像あり、注意。


昨年夏、他の個体に全身噛まれてズタズタの怪我をして、複数箇所の縫合と2週間余りの入院を含む50日程の治療を要したヒョウモントカゲモドキのルー(ハイポタンジェリン・♂)。

その後脱皮を繰り返し、傷もかなり皮膚が再生して目立たなくなった。じっくり見ると傷跡だが遠目だと分からない程度まで復活。
左下目蓋も噛まれてまだ段差っぽい筋が残っているが、元通り食欲旺盛で、手を差し出すと乗って来る飼い主に対する愛想もいいレオパ11匹の中で一番馴れている個体。

ヒョウモントカゲモドキ

すっかり元気になって良かった、と思っていたルーの異変に目が留まったのは5月の10日頃。
ハンドリング時、総排泄口の下のヘミペニスが収納されているクロアカルサック=所謂「玉袋」が片方だけ脹らんでいるのに気が付いた。

ここが脹らむのはたまにある。排出し損ねた精子や新陳代謝で出た内部の古い組織が角質化して中に溜まり、硬くなってしまっている時がある。普通は自分で舐めて排泄しているが何かの弾みか、オスの個体のうち3匹に確認している現象。普通はいつの間にかコロンと落ちている。なかなか外れずにヘミペニス脱を誘発しそうだったので飼い主が処置したことも。

なので様子を見ることにしたのだが、ルーも自分で舐めているがなかなか解消されない様子、上記の症状の場合はクロアカルサック部を尻尾方向に引っ張って中味を露出させると、樹脂状の半透明な茶色い物が見えるのだがそれがない。
そして翌日、翌々日とみるみる腫れて来た、ヤバい、これは違う。触ると硬い感触、膿瘍が出来ているんじゃないかと推測。
…病院予約しよう。

繊細な爬虫類は大きな処置をすると大体拒食するので、その前に栄養を蓄えさせておこうと普段一日おき程度の給餌を受診まで毎日にして、食べたいだけ食べさせる。

5月13日、受診前。
ヒョウモントカゲモドキ

腫れている部分の中心がほんのり赤い。炎症が起きている様子。
ヒョウモントカゲモドキ

いつもお世話になっている動物病院へ、「またかい何すんの」という顔をしているルーをプラケに押し込んで連れて受診。

診察の結果やはり膿瘍ができており、総排泄口から排出を試みたもののヘミペニスと膿瘍が癒着していて取り出せないので切開することに。

切開して膿瘍が癒着したヘミペニスを露出させた状態で見せて貰い、場所が場所なだけに汚れが入り易く一度こうなると再発の可能性が高いということで、先生と相談の結果ヘミペニスも切除することに。
爬虫類の膿はカッテージチーズのような塊になることが多く、例に漏れずその様子で塊は直径6~7mmあるように見えた。

手術後。
ヒョウモントカゲモドキ

爬虫類のヘミペニスは二股になっているので、片方切っても繁殖の可能性が完全にゼロにはならないし、いずれにしろ繁殖の予定もないので健康第一で切除を選択。痛々しい傷跡だが腫れはペタンコに。

またもや毎日の抗生剤投与と傷口の消毒。本人(ヤモリ)も飼い主も慣れたものになってしまった。抵抗なく薬を飲んで暴れず消毒される。

手術後、その晩の投薬&消毒後のルー。拒食を覚悟していたのにまるで何もなかったかのように普通にガツガツ食べてますよ。目にも力があり、昨年の大怪我の後のいかにも弱っている様子とは違うので大丈夫かと思う。
ヒョウモントカゲモドキ

5月16日、手術3日後。赤く腫れていた傷口は固まってカサブタに。
ヒョウモントカゲモドキ

薬飲むよー。「はーい」?
ヒョウモントカゲモドキ

5月20日、手術後1週間。傷口が大分癒着して来た。
ヒョウモントカゲモドキ

5月25日、手術後12日。変化なし。
ヒョウモントカゲモドキ

食欲旺盛なので、引き続き早く治れと毎日の給餌を続ける。

5月28日、手術2週間後に再受診、あと少し様子を見た方がいいということで抜糸せず。投薬も継続。



5月31日。餌をやろうとケージを開けたらすぐ脱走。
今回は手術をしたというのにそれを感じさせない元気の良さ。

ヒョウモントカゲモドキ


(2/2)に続く。
2011/07/11 Mon. 17:02 | trackback: 0 | comment: 2edit

割と早い? 

先日脱皮ついでに自分の指をかっぷり噛んで怪我していたフェンネル。

ヒョウモントカゲモドキ


2月1日の左手。

ヒョウモントカゲモドキ

2月11日の左手。跡形もなく治っている。しかしちょっとこの手首は太り過ぎかな。

ヒョウモントカゲモドキ

傷どころか血の跡もないしえらい綺麗になっているが、多分また脱皮したのかな?見てないけど。
怪我をしたのが1月29日だったと記憶しているので、サイクル的には若干早いがそんなもんかな。怪我などすると治す為に新陳代謝を高めるのか、脱皮サイクルが早くなる傾向があるように思うし。

何の治療もしなかったが無事治ってくれて良かった。本当に小さな怪我だがそれがきっかけで洒落にならない結果になる場合もあるからね。

*****

今日はトカゲケージの掃除日。

レオパのケージ11個のうち7つを丸洗い。残りは普段通りのアルコールでの拭き掃除。

ヴィヴィアンのケージの床材交換、ガラスの拭き掃除。

ブルーゲッコーのケージのガラスのウ○コ掃除。壁チョロしながらぷりぷりするのでガラス面の至る所にくっ付いている。一昨日また卵を産んでいて、メスが神経質になっている感じがあるのでレイアウト用品も洗いたかったが刺激しないように見た目にアレなガラスのみで済ませた。

アリアは出した時以外は殆どケージを汚さないがこちらも一応週1で床材のペットシーツ交換。「こんな物食えるかー!」と引っくり返してカサカサになった葉野菜が汚れと言えば汚れか。

リオンはケージが結構大きめなので大型犬用のシーツを敷いているが、これを替えるには止まり木からシェルターから全部出さなきゃならないので結構大仕事になる。
しかし流石イグアナ、最近トイレの場所を自分で決めた。なのでその部分だけに小さいペットシーツを重ねて敷いている。余程他が汚れたり水浸し(水入れダイブが日課なので)になっていない限りはそこだけ替えればいいので掃除が大分楽になった。
以前は催したらその場で躊躇なく出していた感じだが、いつの間にか教えてもいないのにケージの端の方の1箇所でするようになった。やっぱり賢いな。

とこれで3時間コース。

3連休、結構沢山トカゲと遊んだ。特にリオンとアリアとは普段じっくり接触できないので休みの日に集中的に。
もうちょっと暖かくなったら2匹ともベランダで日光浴させてやろう。

2011/02/13 Sun. 23:40 | trackback: 0 | comment: 2edit

怪我の治療(4)終 

受傷後42日目、退院後18日目のルー。

目も元通り大きく見開くようになった。こちらの下目蓋はまだ噛み傷が残っているが、いずれ脱皮を繰り返すうちに治るだろう。白っぽくなっていた体色も大体元通りのみかん色に。
受傷後42日(退院後18日)

脇腹の一番酷かった傷もほぼ塞がり、カサブタが。周りから押し寄せるように皮膚が再生して来ているのが分かる。
受傷後42日(退院後18日)

太股の裏の傷。治るまで怖くて触れず初画像。こちらもカサブタ。
ここは皮と肉が分厚く浮いていて、癒合して直るかと思われたがしばらくして壊死して腐り落ちた。
ごっそり肉がなくなっていた割には綺麗に復活している。
受傷後42日(退院後18日)

* * * * * * * * * *

受傷後46日目、退院後22日目。

あまり変化なし。
受傷後46日(退院後22日)

口の怪我も完治、しっかり口が閉じるようになって更に食欲旺盛に。ハニーワーム10数匹をぺろっと。そろそろ普通の給餌内容に戻さないと肥満するかも?
受傷後46日(退院後22日)

* * * * * * * * * *

受傷後48日目、退院後24日目で受診。
傷の具合を診察して貰い、もう大丈夫でしょうということで晴れて投薬終了、通院終了となる。

* * * * * * * * * *

受傷後49日目、退院後25日目。

カサブタがなくなっていた。
受傷後49日(退院後25日)

こっちも。
受傷後49日(退院後25日)

皮膚がなくなっていた尻尾、薄皮に染み出すように模様が戻って来た。何事もなかったように元に戻るんだろうな、生命力の強さには驚かされる。
受傷後49日(退院後25日)

すっかり元通りの愛嬌たっぷりの表情で寄って来るルー。
受傷後49日(退院後25日)

もう決して寿命とどうにもならない病気以外では落とさないと心に決めたうちの動物たち。怪我くらいで儚くなられてしまっては…だが正直、怪我から初回通院までの数日、ぐったりして食欲もなく、沢山の傷が赤く爛れたようになっているルーを見ながらどうなることかと思っていた。

傍で看病出来ない飼い主の代わりに入院させて管理して頂き、こんな小さなヤモリの傷を縫ったり貼ったりして治療して頂ける病院が通える範囲にあって本当に助かった。(車で1時間半なので十分遠いといえば遠いが。)
自分でずっと看ていたら悪化させて最悪の結果もあったんじゃないかという酷い傷だったから。

今回の災難でルーの性格が少しビビりになった。退院後は自分のケージにもしばらく慣れず(留守中に完全に消毒していたので自分の匂いが消えたせいもあるかも?)、落ち着いて手足を投げ出して寝るようになるまで1週間ほど掛かった。段々元に戻って来てはいるが、まだ以前なら気にしなかった物音などで慌ててシェルターに逃げ込んだりする。

そしてゴム手袋恐怖症になっていた。

飼い主はケージを掃除する時に薄手のラテックス手袋を装着する。床材を取り替えたりする際にレオパを掴むのだが、以前は全く気にせず掴まれていたルーが、ゴム手袋の手を見た途端に噛んで来た。
え?なんで?と思いつつ捕まえて持ち上げると振り返ってまでガブガブ噛み付く。手袋越しなので痛くはない。

素手で掴むと普通だし傷を見るのに引っくり返しても無抵抗なのにゴム手袋だと攻撃。
ああこれは多分、病院では先生達は手袋装着なので、嫌なこと(必要な治療なんだけれど)をされたのを思い出して抵抗しているのだなと。
案外学習能力があるんだなと変なところで感心したり。

何はともあれ、ルー、お疲れ様でした。まだあちこち傷跡が残ってるけど脱皮の度に薄くなっていずれ消えてしまうはずだから頑張ろうね。

* * * * * * * * * *

以上が1ヶ月半に渡る大怪我レオパの治療の顛末と経過でした。
やっと普段通りの生活に戻ったルーと飼い主。常にルーのことが気になっていてどうも飼い主も本調子でなかった。

トカゲを飼っている方には気になるかも知れない治療費ですが、ルーの本体価格(笑)の10倍以上掛かったとだけ書いておきます。命に換えられるものではないので治ってくれればそれで良し。飼い主は君たちを扶養するために頑張って働くのみ。

思ったよりここまでの治りが早かった。最初のギタギタ具合からはもっと時間が掛かりそうだったが、再生能力の高さは流石の爬虫類、そして病院での的確な治療のお陰もあったことと思う。

あちこちシミのように灰色になっている噛み傷や、皮膚がなくなった箇所も分からないくらい元通りになるだろうと思いながら、早く治れと通常隔日~2日おきの給餌をルーだけはまだ毎日にしている所。体重が元通りになったらパワーフィーディングはやめよう。

ルーのその後についてはまた折々UPします。しばらくは特別扱い(笑)


2010/10/24 Sun. 23:13 | trackback: 0 | comment: 6edit