BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

傍若無人なイグアナ 

日に日に着々と馴れているリオン。
ケージのドアを開けた途端に飼い主目掛けて飛んで来るようになって数週間、ケージの外に出しても大分落ち着いて過ごすようになった。
まだなかなか長時間じっとはしていないが、最初の頃は隙間に入り込んだのを捕まえようとするとパニックになっていたのが、今では大人しく捕まる。それ以上どこへも行けない所だと手を差し出すと(多分諦めて?)乗って来るし。

ケージの掃除をしたい時、以前なら暴れるのを捕まえてケージの上に置いといて、ずっとちらちら横目で監視しながら急いで片付けていた。最近は手を出すと腕から肩へ登って来るのでそのまま肩の上や頭の上に乗っけて掃除。勝手にぶっ飛んで行くこともあるが、捕まえるのに苦労しなくなったので好きにさせている。

大体どこかでガサゴソ移動する音がするのだが、やけに静かだなと思ったらこんな所でまったりしていた。
好きにさせすぎ…傍若無人通り越して罰当たり(笑)

「何か?」
サンエステバントゲオイグアナ

知らん振りというかすらっとぼけた顔をするのはトカゲ共通だろうかね?
サンエステバントゲオイグアナ

まぁ遺影の主は全く気にしていないことでしょうよ。
むしろ草葉の陰から教育的指導をお願いしますよ。「いい加減落ち着け!」って(笑)


遊び疲れると自分でお家に帰ります。
サンエステバントゲオイグアナ

最近リオンも段々オッサン臭くなって来て、その意味ではサイファに似て来たような?
サンエステバントゲオイグアナ

まだまだ手の上で完全に好き放題にはならないが、飼い主を怖がらなくなり自分から飼い主に接触し手の上で餌を食べるようになったので、とりあえず良く馴れていると言えるレベルになったんじゃないだろうか。
サンエステバントゲオイグアナ

「おいで」がまだ分かっているとは思えないが、なるべく声を掛けて名前を呼ぶようにはしている。イグアナはある程度言葉も覚えるらしいし。
飼い主がこっちへ来いと思って呼んだり手を差し伸べたりするとちゃんと来る、一応何となく意思疎通も出来始めている気がする。

名前を呼ぶと(本人は呼ばれていることは分かってないにしろ)腕の上に飛んで来る様子は嬉しいもの。鷹匠ならぬ蜥蜴匠気分(笑)

2010/10/28 Thu. 04:54 | trackback: 0 | comment: 2edit