BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

プチ九州レプタイルフェスタ 

本日21日は九州レプタイルフェスタの縮小版、プチ九州レプタイルフェスタ開催日。

アリアのケージのバスキングランプがこの冬はちょっと出力不足を感じるので、ワット数が1ランク大きい物を買いたいのと、レオパのケージをフラットプラケにしようかと思っているのでお試しでいくつかと(温室との相性が分からないのでお試し)、コオロギフード、その他何か用品で良さげな物があったら…ついでに生にょろを堪能しようと出掛けて来た。

カメラ持って行ったんだけれど、いつもの事だが物色に忙しくて1枚も撮らず。

エキゾテラのサボテン

サボテン買って来た。
乗っかっているのはヴィヴィアンで今日の戦利品ではなく、昨年のプチレプの戦利品。育ったなぁ。
1年前は8.7gだったのが、現在45g。今年は婿をと思ったけれどオスのガーゴは1匹だけしか居らず、グレーの霜降りだったので連れ帰らなかった。まぁそのうち。

こんなにどうすんだという量のエキゾテラのレイアウト用サボテン。だって半額以下だったんですもの。リオンのケージをメキシコっぽくするんだよ♪



で、これ、何でしょうねぇ(汗

ブルーゲッコー

生体は買わんぞ買わんぞと呪文を唱えながら出掛けたんだけれども…

ターコイズブルーゲッコーとか、エレクトリックブルーゲッコーとか言われるタンザニアのカベチョロ系デイゲッコー。

リオンを迎えてから、ヤツが一人前になるまでは新しい種類は導入しないと誓ったはずなのだが…。
ちょっと前にボールパイソンの里親になりませんか?とお誘いがあったのだが、↑のつもりだったので辞退させて頂いた。
(そしてその後、当家では足のないのとやたら多いのは持ち込み禁止令が出たw)

しかしリオンもすっかり馴れて、当面心配がなくなって来て。

ブルーゲッコーは小さ過ぎて殆どハンドリングらしいハンドリングも出来ず、ちょこまか動くカベチョロで寿命は3年とか5年とか言われている。小さなプラケでも終生飼育可能。ケージをビバリウムとしてレイアウトして楽しむ飼い方。初輸入されてからまだ2年、でもそろそろ値段も落ち着いて来た。

なのでつい熱帯魚感覚で買って来てしまった。しかも2ペア。


青いー小さいー。雌がガリガリー(笑)

詳細は明日。

懲りないな、自分。


2010/11/21 Sun. 23:41 | trackback: 0 | comment: 2edit