BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

脱皮 

ブルーゲッコー導入後今日で丁度2週間。

ターコイズブルーゲッコー

気分であっという間に色が変わり、カメラが近付いて来ると警戒してどんどん色が濃くなりドス青黒くなる。
3cmの距離から撮るのが悪いか、ゴメンナサイ。

ターコイズブルーゲッコー

この2週間でオスがそれぞれ1回と2回脱皮。メスの脱皮はまだ見ていないが飼い主不在中に着替えているのかも?

やっぱり目玉も脱皮。

皮

脱皮の皮が落ちているので観察すると、赤ダニがくっ付いているのを発見。息も絶え絶えだが更に潰して捨てる。
どうやらこのダニ、宿主から離れるとあっという間に死んでしまうようだ。しかし一応落ちている皮は全部回収してアルコールぶっ掛けて廃棄。目に見えないサイズの仔とか卵とか付いていると嫌なので。

今日また全員捕まえて全身チェックしたが、目に見えるダニは確認出来なかった。脱皮の際に皮と一緒に取れてしまうというのは本当らしい。しかし何しろ極小サイズなのでどこに潜んでいるか分からないので当分注意していくつもり。1ヶ月も検疫すれば根絶出来そうだな。ダニは厄介だけれどこれについては大したことなさそう?


メスの方が警戒心が強く、極端に近付くと逃げるのでオスほど接写出来ない。

ターコイズブルーゲッコー

遠目で見るとそんなに気にならないフェイクグリーンだが、マクロレンズで撮るとビニール織物の繊維まで見えて興醒め。
ダニ検疫が終わったらナチュラルグリーンに替えようかな、でも手入れが面倒なんだよなぁ…。


極小サイズコオロギを嫌々ながら(逃げるよ後から大きくなってコンニチハするよ)買って、ブルーゲッコー達に給餌してみたがピンセットからだと喜んで食べるのは1匹だけ。放虫すれば捕らえて食べるんだろうが、グラステラリウムは微妙な隙間があるのであちこち入り込んだり外へ逃げたりが嫌なので放虫はなし。

対してハニーワームの中味を出した物をピンセットで摘んでやる分は4匹とも取って食べる。
しかしメスは爬虫類ゼリーの方がお好みのよう。

そうこうしているうちに段々太って来たように見える。メスがどうにも小さいので当分毎日のハニーワームゲル?の給餌は続けよう。

ミニマムサイズのヤモリなのに手から餌を取るのは意外だったが楽しい。やっぱり触りまくりたい派の飼い主としては、ある程度触れ合えると楽しさ倍増。


2010/12/05 Sun. 21:22 | trackback: 0 | comment: 4edit