BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

メキシコサラマンダー 

ブログにアホロートルのカテゴリを作っておきながら、4ヶ月間記事ゼロですよ。
今日も生体はなし。

2007年から飼っている4匹、1匹目のブルーのアホロートルがペットショップであんまりな売り方をされているにも関わらず、非常に人懐こくて目が合ってしまい、去りがたくついその場で60cm水槽フルセット買って連れ帰ったのが最初。

ブルーを買ったらやはりペットのアホロートルと言えば白いやつでしょうと2匹目を、やはり原種っぽいのも欲しいなとマーブルを、最後はミューテーションカラーを…で4匹に。
ミューテーションカラーのやつは育ったら普通のリューシスティックに化けました。いいけど。

そんなリューシを見つつ「生きた編み図ー♪」とかアホな事言いながら(アホロートルだけに( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ)、ちっくりちっくり編んだ実物大編みぐるみ。

アホロートルあみぐるみ

ちょっと大きめの携帯ストラップ(全長10cm程度)のつもりで編み始めたんだけどもちろん編み図などなく、実物があるんだからと水槽の横に座ってモデルさんを見ながら編んでいたら気が付いたらホントに実物大になっていた、アレ?

全長20cm超えの携帯ストラップがあるか!

アホロートルあみぐるみ

エラはデフォルメ全開でふさふさですが、腕や足の生え位置、オスをモデルにしたので引っくり返すと後足の付け根で一旦細くなり、総排泄口あたりがもっこりと太くなる所も忠実に再現しております。無駄な頑張りですかそうですね。


こういう動物モチーフで自分が飼っている動物の物は見掛けるとつい買ってしまう。トカゲデザインのアクセサリーは特に集めているが、不満なのが指の数。
細かくて作りづらい部分だろうが、大抵前足も後足も指3本に省略されている。良くて4本。トカゲ類の指は前後とも5本ずつで人間と同じ。

アホロートルは前足の指4本、後足の指5本。編みながらもちろんそれで再現したら別な動物の手足のように太くなった。毛糸だから仕方ないか。


連日雪だったりで寒くて本業?の園芸が出来ません。と言っても本気で寒い地方に比べると甘っちょろい寒さなんでしょうが、毎晩メニューは鍋料理しか思いつかず鍋つっついてビール飲んで、モンハンやってモンスターがトカゲっぽいのが多くて倒すと結構リアルにビクビクして死ぬので鬱になってヤル気を削がれて先に進めず、編み物したり粘土弄ったりしている真冬の夜長。

次はリオンを編もうとそれっぽい色の毛糸を買って来た。
買って来たが今のリオンを見ながら編むと幼体フォルム+カラーだな~と気が付いた。
でも実物大で編んでおいて、成体になったリオンと並べると楽しいかも?


話は戻って4匹のアホロートル達、みんな至って元気。平和に90cm水槽に4匹ゆらゆらと同居中。
以前は長いピンセットで全員に手渡しで餌をやっていたが現在はキャットを放り込み。

そのせいか一番貪欲なロゼ(リューシ・♂)だけがぱんぱんに太り、他3匹はスマートな体型。
しかし食べ残しもあるので他の分までロゼが独り占めしているということではないのか?
みんな健康そうなので特に気にする必要もないかと思っている。そのうち記事に上げます。

2011/01/14 Fri. 14:59 | trackback: 0 | comment: 2edit