BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

愛のようなもの 

良くこんな光景を見る。

コバルトブルーゲッコー

飼い主が注視しているのに気が付くと、
「何だよ邪魔するなよ」的な視線を送ってくれる。

コバルトブルーゲッコー

写真では離れているが、ラブバードよろしく鼻先をくっ付けて、丁度キスするようにツンツンやっていたり時々舌を出してぺろっと舐めてみたり。仲良しで微笑ましい光景。
実際の所は何やってるのか良く分かりませんが、この後オスがメスの後を付いて回っているので多分口説いているんでしょうね(笑)


このメスは1月20日に卵を産んだ方の個体。上の画像で愛を囁かれているメス。(便宜上1号。)

コバルトブルーゲッコー

この腹はどう見てもまた抱卵している。

コバルトブルーゲッコー

もう1匹のメス(同じく2号)も2月11日に産卵した。ケージのバックグラウンドの上の隙間に前回と同じく凹んで見るからに駄目そうな卵が1つだけ。翌日の朝までそのままそこにあったのだが、出掛けて昼過ぎに戻って来たら消えていた。誰か食べたようで。

前回(1号が)1つ産んだ後、地面に産み捨てるような形でもう1つ産んでいたので、どこかにないかと探してみたらシェルターの中に殻だけ残っていた。こっちも食べてしまったらしい。

メス2号が産卵前後から微妙に食欲不振で痩せてしまっている。他の2匹は虫も食べるのだが、この個体だけ最近動物性の物を食べないのも原因かも。
爬虫類ゼリーやラコダクフードは舐めているのでそう心配することもないかも知れないがやっぱり痩せていると心配。こう心配ばかりしていてはちっとも飼育が楽しくない気もしないでもない。飼い主の心の平安のため、太らせるために餌を弄ってみよう。

2011/02/21 Mon. 01:56 | trackback: 0 | comment: 4edit