BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

青い宝石の裏側 

コバルトブルーゲッコーのオス。

気分でかなり体色が変わる。これは大体平常心の色。写真を撮り続けていると警戒して段々真っ黒になる。
リラックスして紫外線灯にしっかり当たっている時、メスに迫る時などはもっと鮮やかなブルーに。

コバルトブルーゲッコー

裏側。腹はオレンジで、何故か股間に逆ビキニが。

コバルトブルーゲッコー

メスの裏側、腹は黄色。そして凄い二重顎。

コバルトブルーゲッコー

餌要求中。

コバルトブルーゲッコー

指の裏には細かい毛の集団である指下板があり、植物の葉のような模様になっている。小さくてもやっぱりカベチョロヤモリ。

コバルトブルーゲッコー

極小ヤモリなので実際この手の平は一番指が開いた所の渡り幅で3mmあるかないか。肉眼では指下板のディテールは全く見えない。

コバルトブルーゲッコー

オスの尻尾の先の裏側。ここにも指下板と同じ組織があって、やっぱりぺとぺとくっつく。

コバルトブルーゲッコー

メスは背中側はくすんだグリーンでオスに比べると地味だが、腹側は極彩色。

コバルトブルーゲッコー

オスもメスも顎回りがたぷたぷと。カベチョロ系のメスは産卵の為に喉回りにカルシウムを溜めるが、オスもやるのか。

コバルトブルーゲッコー

1月からぽこぽこと卵を産み続けていたが、全部駄目だったことが判明。
一部は発生が進んでいたが途中で死んでしまい表面がカビた。割って見るのが怖いのでちょっとだけつついて破ってみたら何と言うか…ホビロンというかバロットというか…の片鱗が見えたので見なかった事にしてそのまま捨てた。

どうやら湿度が保てず卵が死んでしまったらしい。

ケージ全体の湿度を上げようとテラリウムを作って引越しさせるつもりだったが、速攻カビが発生するわ植え付けた植物が落ち着かないわでまだ使えない。

2週間前にそりゃもう見てる方が恥ずかしくなるほど激しく交尾しているのを目撃したので、またぞろ産みそうな気がする。
ついては、

1)これまで全部飼い主の目の前で産卵したので、次回もそうだったら壁にくっつく前に卵殻を破らずに取れそうだったら取ってハッチライト入りのカップに入れて別途管理

2)産み付けた場所によるが、プラカップに水を含ませたミズゴケorスポンジを入れて、卵の上から被せて保湿(大きめプラカップを使用して卵は保湿材とは密着させない)

3)プラカップ保湿が出来ない場所に産んだ場合、親を別ケージに移して卵のあるケージは高湿度で維持

の3案を用意して待機中。

なんとかチビゲッコを見たいもの。



2011/06/14 Tue. 14:34 | trackback: 0 | comment: 4edit