BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

花喰い 

サンエステバントゲオイグアナは原生地では様々な植物、そして特に柱サボテンのパキケレウス・プリングレイ(pachycereus pringlei 和名:武輪柱)の花や実が好物でよく食べていると言う。

多肉植物栽培がメイン?の趣味なのだがサボテンは育てていないので、残念ながらサボテンの花や実を与えることは出来ないが、最近良く行っている道の駅で珍しくこんな物を見付けたので…

花オクラ=トロロアオイ(黄蜀葵 Abelmoschus manihot)
実を食べるオクラとは別種、薄黄色のシルク光沢のある花が食部で、人間だと酢の物やサラダなどで美味しく行けます。
イグアナ類の餌としてハイビスカスの葉や花は推奨で好物なのだが、トロロアオイも以前はハイビスカス属に分類されていた近縁種なので栄養価と嗜好性においては優秀なはず。

トロロアオイ=花オクラ


「いただきます」 
超いい笑顔。
サンエステバントゲオイグアナ

喰うわ、
サンエステバントゲオイグアナ

喰うわ、
サンエステバントゲオイグアナ

むっしゃむしゃ喰うわ。サンエステバントゲオイグアナ

あっ、全部取られた。
サンエステバントゲオイグアナ

食い千切る勢いで飼い主の手から毟り取って完食、まだクレクレと言うので(実際には言わないけれどこちらの指を舐めたりちょっと噛んだり手に前足を乗せて来たりするのでもっと欲しがっているのが分かる)追加を持って来たら、4つ一気喰いしやがりましたよ。

リオンと花の大きさの比較を撮ろうとしても次々喰い付かれるので、撮影が成功したのはリオンが満腹になってからでした。

「もう食べられません」
そりゃこんなでっかい花4つも食べたら。

サンエステバントゲオイグアナ

食用菊は過去何度も与えたが余り好きじゃないようだった。匂いが嫌なのかと思ったが春菊は普通に食べる。イグアナの好みは難しい。

この花は物凄く好きみたいだが流通時期が限られるのでこれっきりかも、ゴメンね。

「えー?」
サンエステバントゲオイグアナ

毎日色んな物をバクバク食べて、本日の体重498g。フトアゴ・アリアさん(デブ)とついに並んだ。
ちょっと涼しくなっても体重増加が止まらない。勢いに乗っているうちにしっかり肥培しよう。

飛んで来られると受け止めた時にドスっ!と衝撃を感じるようになった。ツメの飼い主の皮膚への食い込み方も深度を増し流血率大、そろそろ爪切りが必要かも。

2011/10/14 Fri. 11:44 | trackback: 0 | comment: 4edit