BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

イグアナもがっかりする 

仕事から帰宅後、最初にするのは飼育部屋のトカゲーズの様子の確認。みんな元気にしているか、異変はないか。

特に昼行性の2匹のうち、フトアゴ・アリアは就寝時間まで余り時間がないので急いでチェック。便秘気味なので半強制的に水分を取らせ(昔は自分で飲んでた癖に大人になったら余り飲まなくなりましたよ、仕方ないからスプーンで飲ませてますよ)、お腹がすいている様子だったらちょっとだけ食べさせる。

やたら寝坊なので起床時間を遅くし、就寝時間もそれに合わせてずらしたのでまだまだ時間に余裕のあるリオンにはおやつを。

飼い主が朝入れた餌皿を片付け、おやつを持って来る一連の流れが分かっているのでケージを開けたままおやつの準備をして戻るとこんな風。

「よっこらせ」

サンエステバントゲオイグアナ
ケージの野菜くずは見ないことに…野菜跳ね飛ばして一日でこれだけ汚します。


「おやつまだかなー、今日は何かなー」

サンエステバントゲオイグアナ

イチゴを見せるとこの笑顔。 この後飼い主に飛びついてしがみついたままイチゴをがっつき、食べ終わるとまたケージに飛び込んで戻って行く。

サンエステバントゲオイグアナ

食べ終わってご満悦。

サンエステバントゲオイグアナ

口の周りに付いた汁がベタ付くのね。

サンエステバントゲオイグアナ


ご機嫌だと結構触らせてくれる。サンエステバンがみんなそうかは知らないが、リオンの性格は猫みたいなもので気が向くと自分から飼い主に飛び付いたりよじ登ったりして来るが、触られたくない気分の時はちょっと触ると前足でこちらの手をぺっ!と払い、迷惑そうな顔をしてゴソゴソとシェルターに潜ってしまう。しばらくすると顔だけ出してもう飼い主が居ないかどうか確認、目が合うとまた引っ込む(笑)

san-esteban111208-6.jpg

先日おやつの果物を切らしていたことがあって、仕方なく赤いパプリカを刻んで持って行った。遠目に見ると赤いのでイチゴやイチジクと大差なし。

そのせいかケージに近付いたらリオンは上の画像のように嬉しそうに急いで出て来たが、皿を差し出した途端、食べようとして開けた口を半開きにしたまま固まった。見開いていた目が小さくなり、同じく開いていた瞳孔がしゅるしゅると小さくなり。そして口を付けずにすごすごとケージに戻る。

物凄く分かり易くがっかりしていた。猫だったら尻尾が下がるレベル。

イグアナもがっかりするんだ…と笑えるやら可哀想やら。

止まり木の上で黄昏れているので鼻先までパプリカを持っていったら渋々食べていたけど。
可哀想なので翌日はちゃんとイチゴを買って来て与えました。


感情の動きが手に取るように分かる、やはり賢い爬虫類は面白いです。

2011/12/14 Wed. 01:51 | trackback: 0 | comment: 4edit