BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

ニューカレドニアジャイアントゲッコー (九州レプタイルフェスタ2012 導入個体その1) 

さて事前のブログで生体は迎えない的なことを書いていたのは誰でしょう?

以前からいつかは~と思っていた種類、最近とても欲しくなっていてどうにもこうにも…という種類を両方迎えることになってしまいました。

その1、いつかはジャイゲコ。 ニューカレドニアジャイアントゲッコー。言わずと知れた世界最大種のヤモリ。
モスグリーンの地に白のブロッチ模様が美しくなるとされるパイン島産。

私の人差し指にとまれる極小サイズ。

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

まだあどけない顔。

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

ケージに入れるなり、爬虫類ゼリーに突撃。
「これ何?食べていいの?」 どうぞお好きなだけ。
ニューカレドニアジャイアントゲッコー

無心に食べる。数日パックの中だったから喉が渇いてたんだろうね。鼻の穴埋まってますが息できてますか?
ちなみに爬虫類ゼリーの直径4cm。本当によちよちサイズ。堪らん。

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

凄く保護色です。

ニューカレドニアジャイアントゲッコー

びろーん。瞳孔開いてて怖いw

jg120604-03.jpg

九州レプタイルフェスタの会場に入った途端、最初のブースの一番手前にこの個体ともう1匹、同サイズのベビーが居まして。
一緒に突撃した方と1パックずつ握り締め、いきなりここでこれを決めてしまっては他を見るモチベーションが、他にも欲しい種類が居るかも知れない、しかし今買わないと一周回って戻って来た頃には確実にもうないはず!というイベント特価。
しばらく煩悶した挙句「取り置きで」となったのでした。半分燃え尽きた。

何しろよちよちサイズなので、性別は不明。それでもルーペで見て何とかそれっぽい?レベルなら判別できるとのこと。
見てもらうとこの個体はオスっぽいということで、うちに来ることになりました。もう片方はメスっぽいらしかった。
将来無事にオスメスになったらペアにしようね、と名前もないうちから婚約者が居る状態。

急いで名前を考えねば。一応保険でメスになっちゃった場合も大丈夫な名前を…^^;

動物病院で恥ずかしい思いをする中二的ネーミングはそろそろ卒業した方がいいのだろうか。

もう1匹はまた別エントリーにて。
2012/06/05 Tue. 00:15 | trackback: 0 | comment: 8edit