BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

TURN ON A SWITCH 

ベビーヘルメットの記事ばかり続けて書いておりましたが…

去年の10月頃から春先まで活発に交尾していた親メット達、やはり今年も同時期に繁殖スイッチが入ったようです。

何故かカメラ目線のサハラ(♀)、お構いなしに大口開けてサハラの後頭に噛み付くリーフ(♂)。

ヘルメットゲッコー

はい、頑張ってくださいね^^(生々しい写真だなこりゃ…)。

ヘルメットゲッコー

サハラとリーフはWCで導入時多分生後3か月~半年程度だったかと思う。そこから約2年、現在大体2歳ちょっと~2歳半程度、他所ではどうか知らないが、2匹を見ている感じではいい感じに成熟して繁殖適期。

ヘルメットゲッコーの寿命は5~7年程度とのこと、そう長くもないので早めに繁殖をと思っていたが、とりあえず2匹仔が取れた。あまり繁殖させても母親が疲弊して寿命を縮めそうなので、今シーズンまで様子を見てその後は別居も考えようかと思っている。

爬虫類はずっと雌雄を同居させていると興味を失って繁殖活動に入らない場合もあるということだが、ほぼ2年、ずっと同居して一度も離したことはないが2シーズン目の今年、まだそんな気配はない。
餌の取り合いこそするが仲良く微笑ましく暮らしている。その上ベビーも見せてくれて飼い主は感謝しきりの二匹。

*****

今日のベビメット。

食後、何故かそれぞれシェルターの卵パックに上って同じポーズで貼りついていた。紫外線ライトを点灯していたのでバスキングかも?
ヘルメットゲッコー

9月6日ハッチの1号:本日10月2日計測2.1g。
ヘルメットゲッコー
*飼い主の指がやたら太短く写っていますが角度のせいです、パタリロではありません…

9月19日ハッチの2号:同じく1.0g。祝1g突破!
ヘルメットゲッコー

1号はハッチ後3週間目で丸ごとのSサイズコオロギ(全長1cm程度)を食べるようになった。つられたのか2号もそのコオロギにアタックして来たが、流石にまだ飲めないのでブツ切りを与えたら食べた。1号より大分早くピンセットを認識したのは見本があるからか?

いずれにしろもうこれで2匹とも何の心配もない。

よし親メット、いくらでも卵産んでいいぞ、飼い主は準備万端だ、いつでも来い!

2013/10/02 Wed. 23:11 | trackback: 0 | comment: 2edit