BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

プチレプ2013 

特に変わったこともない平和な毎日、大したネタもないのでブログも書けないけどそれはそれで重畳でありましょう。(こちらも)ご無沙汰しておりますエレミヤです。植物ブログも絶賛放置中。

12月1日(日)、今年も参戦してきました、九州レプタイルフェスタ冬の陣「プチレプ2013」。

1週間前に急遽会場が変わると言うトラブルもあったけれども例年以上の盛況だったようです。
会場で結構写真撮ったはずなのに何故かiPhoneの中に入っておらず…最近機種変したばかりなので何か扱い方が間違っていた…?

そんな訳で大した写真がないので、いきなりお迎え報告。

ヘルメットゲッコー、パターンレスのベビー。うちのハッチリングと比較して推測するに生後2か月以内ですね多分。全長5cmあるかな?って程度、この位だともう安心サイズ。

ヘルメットゲッコー パターンレス

連れ帰り当日の夜、いきなり冷凍コオロギをピンセットからがっついてます。流石CB。
そしてうちのハッチリング同様、キシャーとか言わないし噛み付いても来ませんでした。一昨年迎えたWCのペアとは大違いだわ。

ヘルメットゲッコー パターンレス

累代繁殖したいので、新しい血を入れる意味でのお迎え。遺伝がどうなってるかよく分からないけど、2代目くらいにはパターンレス再現できるんではないかと。

**********

続いてスベノドトゲオイグアナ。右のパックが新入り個体です。左は6月の九レプでのお迎え個体。比較のためにパックに入れて撮影。会場で新入り見た時は倍くらいあるイメージだったけど連れ帰ってみると思ったよりサイズ差も小さかった。

スベノドトゲオイグアナ

1匹目はオスが欲しかったのでオスっぽい個体を選んで連れ帰り、半年近く育てて予定通りオスっぽくなったので、会場で某氏に写真を見て貰い、やはりオスだろうね~ってこと。そして販売されていた2匹のうち、メスだろうね~って方の個体を購入。未だにこの辺の性別の見分けは殆ど付きませんが、プロの目で見ると頭の大きさやら総排泄口の具合やらで分かるようです。

スベノドトゲオイグアナ

新入りの健康状態が問題なさそうなので、先住もどちらにしろまだ駆虫とか掛けてないので同居。新入りが落ち着いたらまとめて検査、必要に応じて駆虫掛ける予定。

新入りは当日はぐったりしていたのでそのまま寝かせ、翌日は置き餌を食べた様子もあった。
捕まえようとしたら、元気になったらやっぱりそこはバタバタなスベノド、大暴れしたものの先住の6割程度の暴れ方。一応捕まえて手の上というか握ったまま給餌してみたら積極的にピンセットから冷凍コオロギがっついていた…あれ、なんだこいつらやっぱりアホの子か?

新入りに緊張しているのか先住も微妙に大人しくなってしまった。こちらも最近は置き餌を普通に食べていたけど、手の上給餌してみたらガツガツ。

うん、案外ベタ馴れ行けるかも?目指せ手乗りスベノドペア!

**********

そして、もう1匹迎え…と言うか発注して帰ってきました^^
こちらは直接の通販が出来ないのでこちらのショップに取り寄せ、現物確認の上購入という形。次の日曜日には引き取って来る予定です。

…やらかしちまったぜ…

最後の蜥蜴と決めていたアイツ…今からわくわくです。続きはまた来週。


2013/12/03 Tue. 16:40 | trackback: 0 | comment: 2edit