BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

雌雄比較 

ガーゴイルゲッコーのヴィヴィアンさん(雌・2歳)と、新入り(雄・生後半年程度?)を同縮尺で撮影。
やはり顔つきに大分違いがある。


ヴィヴィアン

ガーゴイルゲッコー

新入り

ガーゴイルゲッコー

肉付きはともかく現状で頭蓋骨の大きさは余り差がない。
オスの方が顔の造作が鋭く吻(目から鼻先まで)が長い。

成体の眼球の大きさは多分どちらも変わりないだろうので、オスの方はもう一回り頭がでかくなると思う。
胴体の太さはヴィヴィアンがフルアダルトということもありまだかなり違う。ヴィヴィアンがデブだという意見は女の子なので本人には伝えません。

新入りハンドリング後ケージに戻した直後。

ガーゴイルゲッコー

普段は非常に陰性でレイアウトの人工グリーンの後に隠れてばかり。まだ環境に慣れないので暗くしてもヴィヴィアンのように暴れてはいない。けど置き餌はしっかり食べている。2匹の経験しかないがガーゴは本当に手が掛からないと思う。

ハンドリングすると当社比5倍(比較対象:ヴィヴィアン)で逃げまくるが、スプーンでフードを見せると舐める。べろんべろん舐めて食べる。食べている間は落ち着いて手の上に居る。虫には今の所無反応。
USCBだからMRP(ラコダク用人工フード)だけで飼育されていたんだろうか。
ヴィヴィアンもベビー時からフードをメインにして育てたので動く虫にはほぼ無反応だし。(但し隣のケージのブルーゲッコーにガラス越しにアタックしている時があるので肉食衝動はあるよう。)



しかしヴィヴィアンの顔が怖いと思っていたが、こうやって別個体と比べてみると柔和だ。雌雄の違いもあるだろうが、彼女も初期は新入りと変わりない剣呑な顔をしていた気がするのだが。

基本食餌は全て手渡し、ピンセットから虫を貰い、スプーンから「はい、あーんして」とばかりにフードを食べる。
飼い主の手や腕の上をぽてぽてと歩き回り、跳んでも体が重くてボテっと鈍い音を立てて落ちる。そんなボーっとした暮らしを2年もしていると顔立ちも柔らかくなるんだろうか。

飼われている動物ってどうしても野性味なくなるものだしね。

関連記事
2011/11/01 Tue. 17:15 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

>ハティなべさん
ヴィヴィアン馴れない馴れないと思ってたけど、新入りと比べたら
ハンドリングも出来るし逃げないし、で馴れてるのが分かりました。
顔もいつの間にか可愛く?なってたし。

2年後には2匹じゃなくて家族が増えてるといいですね~^^

エレミヤ #- | URL | 2011/11/03 10:16 * edit *

うん。相変わらずいい笑顔ですね!
二匹とも口元に笑みをたたえていますね。
前向きで悩んでいなさそうな表情がいいですね。
本当は、すっごく怒ってたりして。。。

こうみると、ヴィヴィアンの方はおっとりとしたお嬢様って感じで、
お婿さんの方は、やんちゃな感じがします。
2年後くらいににまた顔写真ならべて見てみたいです~

ハティなべ #NkOZRVVI | URL | 2011/11/02 21:04 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://mysticlizard.blog129.fc2.com/tb.php/130-54f50e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。