BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

飼育個体リスト 

2007年から開始した爬虫類飼育、10年目に入りそろそろ何をいつから飼っているのか分からなくなって来たので一覧表作成。

2016年10月20日現在飼育個体(増えたら更新・過去飼育個体は別リスト

◆アオキノボリアリゲータートカゲ◆(2017年4月22日/6月6日追記)
CB オス 2017年3月12日~
WC メス 2017年6月4日~
難物として名高いアブロニア、爬虫類飼育10年目にして初導入。

アオキノボリアリゲータートカゲ


◆テグー◆
・アシュレイ(ブルーテグー・メス)2013年12月8日(2012年冬~2013年春生?)~
導入後半年せずに放し飼いに移行、現在飼育部屋に巣を作って好き勝手に生活中。
2016年10月時点で全長105cm、体重3900g
2017年4月時点、体重4200g

Ashley

・ハイレッドテグー・性別未確認 2015年10月25日(2015年春生?)~
導入時体重127g、約1年で1600gまで増加、まだまだ成長期。現在90cmケージ住まい、将来的には放し飼い予定。

Red Tegu


◆フトアゴヒゲトカゲ◆
・アリア(ハイポレッドクリアネイル・メス)2009年4月(2008年12月生)~

◆サンエステバントゲオイグアナ◆
・リオン(メス)2010年5月23日(2009年生)~
 *オスと言われて購入しましたが化けました(笑)過去記事の性別についての記載は訂正していません。

◆スベノドトゲオイグアナ◆
・1号(メス)2013年6月2日~
・2号(メス)2013年12月1日~

◆エリマキトカゲ◆
・1号(メス)2015年10月25日~
・2号(メス)2016年5月29日~
・3号(オス)2016年11月20日~ ←増えました!(2016年12月6日追記)

Frilled Lizard

余り馴れないと言われるエリマキトカゲですがハンドリング余裕、飼い主がケージ前に行くと寄って来て、手の上で餌も食べる程度には馴れています。
まだサブアダルトと言うにも小さいサイズ、爬虫類としては例外的に一般に有名な割には長期飼育も余り聞かない種なのでどうだろうと思いつつ、普段通りに触りまくって飼育中。

Frilled Lizards

◆ジャイアントガロティア(グランカナリアカナヘビ)◆
・未命名(オス)2012年6月3日~
2年程床材に潜って暮らしていたのが、現在ハンドリングOK、手から餌を取るように。

Gian Gallotia

◆ニューカレドニアジャイアントゲッコー◆
・霙(オス)2012年6月3日~

◆ヒョウモントカゲモドキ◆
全員2007年春~飼育開始
・テア(ノーマル・オス)2005~2006年生
・ダグウッド(マックスノー・オス)2007年春生
・ジニア(ハイポタンジェリンキャロットテール・メス)2007年春生
・リコリス(アプター・メス)2007年春生

2016年10月20日現在、上記の通り蜥蜴9匹、ヤモリ8匹の合計17匹。
2016年12月6日現在、蜥蜴10匹、ヤモリ8匹、合計18匹。
2017年2月10日、ヘルメットゲッコーの最後の1匹が落ちて、蜥蜴10匹ヤモリ7匹、合計17匹。
2017年5月後半、レオパ2匹が寿命で逝き、3月と6月にアブロニアを計2匹迎え、蜥蜴11匹、ヤモリ5匹の17匹になりました。

最大時は22匹居ましたが、自分一人で十分眼が届きストレスなく管理できる最大数は20匹程度のようです。

10年ずっと変わらない飼育ポリシーは「ベタ馴れ」 
飼い主を見れば寄って来る、ハンドリングを嫌がらない、ケージから出しても逃げずに手の上で餌を食べる、今居る個体は一応全員クリア。
放し飼いテグーのアシュレイは、本来昼行性のはずが飼い主不在の昼間は寝ていて夕方飼い主帰宅に合わせて起きて来て活動し、トイレも覚え、自主的にシャワーを浴びたり、ベタ馴れと言うより何か違う感じに…。

そろそろ寿命が近づいて来た気配の個体も何匹かいて、初期からの個体はこれから数年でお別れする事になりそうです。
トカゲが好きなはずが導入が手軽なのはヤモリなせいか、ずっとヤモリの方が数が多かったのが今年やっと逆転しました。
今後はヤモリの新規導入はしないつもり。

みんな長生きしてくれますように。
2016/10/21 Fri. 12:00 | trackback: 0 | comment: 7edit

コメント

ありがとうございます
参考にさせていただきますv-290

safari #- | URL | 2017/02/20 15:05 * edit *

>safariさま

見落としでお返事が遅れました、すみません。
(もう見ていらっしゃらないかも知れないですが^^;)

夜間温度はかなり低くなっても大丈夫だと思います、時期によっては20度程度
までは下がっていたと思いますが、大体は25度程度でした。
(部屋自体をエアコン管理しているため)

エレミヤ #L9s05DP. | URL | 2017/02/13 15:13 * edit *

なるほど普通に飼うのも若干難しいんですねi-181
夜中の温度はどのくらいがいいのでしょうか?

safari #- | URL | 2017/01/16 16:27 * edit *

>safariさま

コメントありがとうございます。
最初のペアがWCで早めに片方だけになってしまい、うちでの繁殖仔は1年半
ちょっとで相次いで落ちましたので、親に何か問題があったのかと繁殖を
やめた次第です。

繁殖自体は交尾から有精卵まで持っていければほっとけば孵る感じでした。

エレミヤ #L9s05DP. | URL | 2017/01/13 11:09 * edit *

ヘルメットゲッコーがのこり一体なのは殖やすのがむずかしかったのでしょうか?
それとも殖やす気がなくなったのか手放されたのでしょうか?

safari #- | URL | 2017/01/11 12:17 * edit *

>Harryさま

殆ど更新しないブログへのご訪問恐縮です。ありがとうございます。

ヒョウモントカゲモドキは初心者向けという風に言われていますが、
私も難しいな、というか弱いな、というのが感想です。、
異変に気が付いた時には手遅れ…と言う事が多いです。
爬虫類全般そうですが、やはり小さい種類は小さいだけに
何かあった時の処置も難しく大きな蜥蜴などに比べると体力もなくて
勝負が早いように思います。

お近くに爬虫類を診察できる動物病院がありましたら一度受診されると
安心かも知れません。

ハニーワームで作る流動食の記事を書いた頃には、嗜好性と栄養価の高い
人工フードが殆どない頃でした。
現在はグラブパイがありますので、こちらを利用されると手っ取り早いかと
思います。
無事立ち上がりますようお祈りしております。何かありましたらお気軽にどうぞ。

エレミヤ #L9s05DP. | URL | 2017/01/05 16:47 * edit *

 初コメさせていただきます。
 爬虫類から多肉植物と、共に私も惹かれるご趣味の貴殿ブログに邂逅いたしました。
 当方は両生類(マダライモリ)も飼育しておりますが、ヒョウモントカゲモドキ*の難しさには閉口しております。
 セミアダルトと思しき*スーパーマックスノーの個体を1ヵ月前に導入したのですが、全く餌を摂らず、四肢プルプル(神障?)も観られております。
 美味しそうな?餌虫流動食、最終的には試させていただきます。
 マイペースでこれからもお綴りくださいね。

Harry #- | URL | 2017/01/05 14:48 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://mysticlizard.blog129.fc2.com/tb.php/201-0e6a5c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)