BACKYARD

毎日、蜥蜴と一緒

はじめてのアブロニア(その後) 

導入3週間、餌は食べるもののなんだか元気がなく、食べているのに体重が減って来たアブロニアベビー、原因と言えば付いているのを確認していたものの、環境に慣れるまでと駆除を後回しにしていたダニだろうと推測したところまでが前回記事でした。

13gしかない体重が11gに減ってしまい、たったの2gとは言えこのサイズならその差は大きく、そこまで神経質にならなくても...と思われるかもだが、何しろ私は本来は体重を0.1g単位で量り一喜一憂する過保護な飼い主。スケールを替えて(それまで使っていたキッチンスケール:上限2kgでは量りきれない個体が出てきたため買い替え)、1g単位からになったものの、それでも1gに戦々恐々とするのは変化なし。

だって、13gが11gに減るってことは、45kgの人が38kgになっちゃうってことですよ!
60kgの人なら50kgになっちゃうってことですよ!激減ですよ!超ダイエットですよ!(落ち着け)

覚悟を決めて駆虫しよう、と準備をし、おもむろにアブロニアを掴みだした4月2日の朝(というか昼)。

爬虫類にも特に害はないとされるが、強い薬剤だし、何しろ小さいので怖いなーと思いながら、手の上に載せてフロントラインスプレーをぷしゅう。
(※蛇にはあまり良くないらしいです、薬そのものではなく、溶剤のアルコールが害があるとか。蜥蜴は問題ないようですが、吸わせるのや粘膜に付着させるのは良くないので換気しながら目や鼻に入らないように細心の注意を払いつつスプレーしました。)

アブロニア

鱗が大きいのでその隙間に挟まっているはず・・・顔には掛けられないので首から下にスプレーして、頭や顎の下には小さい容器に移した薬剤を綿棒で塗り広げ...

ぎゃー!!!
塗ってる傍からどんどん落ちてくる黒い粒粒がー!!!
(念のため潰してあります)

ダニ

そして精密ピンセットの先で鱗の間をそっと撫でて死にかけのダニを掻き出しては潰し掻き出しては潰し...

この小さい体にどれだけ付いているのかと...多分確実に3桁のダニが居ました。そりゃ血を吸われまくって元気もなくなるし、食べても太らんわ...。

親サイズのダニは多分全部掻き出したと思われるのでケージへ戻す。

急いで済ませたつもりだけれどそれでも15分程度は握っていたので、疲れたのかぐったり...
この後目を閉じてシェルターの上に乗ったまま半分ずり落ちたようになっていて、まさかし、死んだか…と思って触るとちょっと動く、を何度か繰り返し、ああ、やっちまったかな...と青くなりながら観察すること1時間、しゅるしゅるとシェルターに潜って行ったので、運を天に、と思ってそっとしておくことに。アルコール吸って酔ってた...?

アブロニア


夕方。

びくびくしながらそっとケージを覗くと、「ご飯は?」と言いたげな顔で出て来たので、ダニの落ち具合をチェックがてらハンドリングして餌を見せてみると。食い気があるなら一安心。

アブロニア

こんなことをしつつ、Twitterで心配な心境を吐露していると、アブロニアは脱皮は一本脱ぎ(蛇やヤモリのようにずるっと全身一気に剥ける)すると教えて頂き、なら脱皮で残りのダニも大体取れるなとちょっと安心。

そして翌日、朝動いているのを確認して仕事に行き、帰宅してまたもや恐る恐るケージを覗くと、あれ?

脱皮殻

いきなり脱いでるよ!あと床に見える黒い点々はダニの死骸。

蛇っぽいなー。

脱皮殻

ぎゃー!!!(再)

脱皮殻に付いている黒い点々は全部ダニ。掻き出したと思ってたけどまだまだ付いてた。
多分これで皮と一緒に目に見えないサイズの子ダニや薬が効かない産み付けられた卵もほぼ落ちたはず。
普段なら初回脱皮だし記念に~と取っておきたいところ、しかしダニ死骸とダニ卵まみれなので速攻でビニール袋に封印して捨てました。

ダニ付脱皮殻

フロントラインは体表に浸透して1ヶ月程度効果が維持するのが、脱皮してしまってはもう一度塗布した方がいいのか?と思ったけれど、そのままの方がいいとアドバイス頂いて追加はなし。

数日後までケージにぽつぽつと死んだダニが落ちていて、体表によれよれした弱った粉みたいな子ダニが居るのを数匹見付けたので、オレンジオイルを希釈した物で目の周り以外全部を洗い流して自然乾燥させること数回。表面を歩いているのは落ちるし鱗の間に居る弱ったダニも更に窒息を狙って。

5日程度で落ちて来るダニも居なくなった。
卵には薬剤は効かないので、孵化して来る頃にもう一度念の為フロントラインをスプレーした方がいいのだけれど、前述の一本脱ぎ脱皮で多分卵も除去できたと思われ、床材も毎日交換しているので再付着もないし、浸透した分で十分だろうと2回目の薬剤はなしにしている。

薬剤処置から3週間経って卵が残っていれば孵化して来る頃だけれど再発生もなく、これにて駆虫完了。

ダニを落してからみるみる元気になり、体重も
4月2日:11g ⇒ 4月10日:12g ⇒ 4月15日:13g ⇒ 4月20日:16g ⇒ 4月24日:18g と着々と増え、妙に粉っぽかった体も艶々になり(どうやら粉っぽいのはダニの糞らしいですね)、目の輝きも心なしか増して表情も明るく(蜥蜴の表情なんか分かるかw)。

ダニなんかそんなに気にしなくても…一本脱ぎタイプは脱皮で大体落ちるし、という向きもあるかと思いますが、私は蜥蜴は観賞する物ではなく触って一緒に暮らす伴侶動物感覚、外部内部共に寄生虫は居てはいけない物と言う認識なので、殺すか自分が死ぬかという勢いで全部の蜥蜴を導入後毎回駆虫します。安心して握ったり肩に乗せたり(大きいやつは)添い寝したりしたいからね!

ダニの駆虫薬と言えばバポナが有名ですが、きつい薬剤なので爬虫類も調子を崩したり最悪死ぬという話も聞いた事があり、アブロニアは止水を認識せず霧吹き等でしか水を飲まないので、気化した殺虫剤が溶け込んだ水を経口で摂り込んでしまい、それで死ぬことも考えられるのでフロントラインスプレーを選択。一番小さいボトルでもアブロニアサイズならダニ付蜥蜴を数十匹買わないと使い切れない量だけど(笑)

ダニは落ちたので次は糞便検査、何か居たら駆虫。流石にこれはまた食欲落ちたりの前例もあるので、もうちょっと育ってから。

アブロニア

すっかり元気になってこのように「ごはん?ごはんなの?」と飼い主を待つようになりました。

飯待ち蜥蜴

ケージ前に行くと戸の所まで寄って来て、手を出すと乗って来る時もあり可愛過ぎて飼い主を殺す気かと。

神経質、触れない、死に蜥蜴と言われていますが、もちろんそんなことは気にせずいつも通り触りたいだけ触ってベタ馴れに育てます。(既に手の上で餌食べてるので爬虫類的には慣れてる、アブロニアとしてはベタ馴れと言えるでしょうが)。
飼い主見たらケージから飛んで出て来る所までが目標です。

アブロニア

最初はガンメタにピンクの光沢が浮く不思議な色合いで、このまま育ってくれたらいいなぁと思っていたけれどやっぱり青くなって来たようです。

後は何とかこのまま無事アダルトまで持って行けるかが勝負です。
高温多湿に極端に弱いので当地の蒸し暑い夏は鬼門だろうなと…今年は蜥蜴部屋のエアコン管理を更に細かくしないとね(電気代倍増フラグ)。

2017/04/24 Mon. 23:10 | trackback: 0 | comment: 2edit

はじめてのアブロニア 

長い事更新していない当ブログ、その間に迎えた生体も複数ありますがその辺はまた後日なんとかするとして、間吹っ飛ばして先月3月に迎えたアオキノボリアリゲータートカゲ、通称アブロニアです。
アブロニアも色々種類がありますが、昔から流通しているアブロニアと言えば大体これ、なアブロニア・グラミネア、真緑のタイプ(Abronia graminea)。

死に蜥蜴(飼っても大体育てられず落としてしまう)と言われる難物とされる種ですね。
飼育下で発色する青い色はとても魅力的で数年前にもイベントで見て欲しいなーと思ったことがあったのだけど、素人が手を出してはいけない雰囲気ぷんぷんの蜥蜴な訳ですよ。

それが何故?はい、いつもの衝動買いですね、ええ(反省の色なし)。

Welcome to my jungle.

アブロニア

CBベビーと言う事もあり、既になんか慣れてるって事で安心して購入。

初日から手の上で餌食べちゃったり。

アブロニア

ただなんとなーく、不安を感じさせる顔つきをしていたのでした。
やっぱり落しそうな、何か不健康そうな弱弱しい不吉な感じを受けていた飼い主。

アブロニア

具合の悪い蜥蜴にまま見られる、顎をしゃくって生あくびをするような、口を開けて何も食べていないのに何かを呑み込むような動作をしていたのでどっか何かあるなと…。

そして飼育4日目から餌を食べなくなり、色艶も悪くなり、飼い主は何が悪いのか?このまま落とすのか、このグラム単価の高い蜥蜴を!?と胃痛に見舞われることに…。
(Twitterの蜥蜴仲間曰く「また高い蜥蜴を買って来て苦行をしている」)

温度か!?(アブロニアは高温が苦手)
湿度か!?(同じく蒸れは大敵)
ストレスか!?(周りにこいつをひと呑みにしかねない肉食の巨大な蜥蜴が一杯)

観察しながら少しずつ環境を変えて行って、結局爬虫類にありがちな目線の問題?ケージを飼い主の目線と同じ~若干上に移動したところ翌日から食べるように。

食欲は旺盛なタイプの蜥蜴なのに、ガツガツ来るかと思ったらそうでもなく、一応また食べるようにはなったもののムラ喰い激しく3~4日食べないこともあり、体重が減り始め、導入時13gから11gに減ってしまい、ああやっぱり…と。

実は購入当日にダニが付いているのを(購入時一緒に居た友人が)発見していて、速攻フロントラインを購入していたのだけれど、何しろ体重10gちょっとしかない激小サイズ、かつ繊細とされる種類、ダニで致命傷になることはないので当面様子を見つつうちの環境に慣れて落ち着いてからダニ落しを…と保留。

不吉な予感は去らないまま、数日食べない時には流動食を舐めさせたりしながら、ここまでで3週間経過。
痩せて来ちゃったよおい…。

これはやるしかないなぁ、もうちょい待ちたかったんだけど。

落したら私にツキがなかったという事、まだアブロニアを飼うには早かったんだなと思おう!と決意して(大袈裟)ダニ落としに取り掛かったのでありました。

(続く)



2017/04/22 Sat. 12:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

飼育個体リスト 

2007年から開始した爬虫類飼育、10年目に入りそろそろ何をいつから飼っているのか分からなくなって来たので一覧表作成。

2016年10月20日現在飼育個体(増えたら更新・過去飼育個体は別リスト

◆アオキノボリアリゲータートカゲ◆(2017年4月22日/6月6日追記)
CB オス 2017年3月12日~
WC メス 2017年6月4日~
難物として名高いアブロニア、爬虫類飼育10年目にして初導入。

アオキノボリアリゲータートカゲ


◆テグー◆
・アシュレイ(ブルーテグー・メス)2013年12月8日(2012年冬~2013年春生?)~
導入後半年せずに放し飼いに移行、現在飼育部屋に巣を作って好き勝手に生活中。
2016年10月時点で全長105cm、体重3900g
2017年4月時点、体重4200g

Ashley

・ハイレッドテグー・性別未確認 2015年10月25日(2015年春生?)~
導入時体重127g、約1年で1600gまで増加、まだまだ成長期。現在90cmケージ住まい、将来的には放し飼い予定。

Red Tegu


◆フトアゴヒゲトカゲ◆
・アリア(ハイポレッドクリアネイル・メス)2009年4月(2008年12月生)~

◆サンエステバントゲオイグアナ◆
・リオン(メス)2010年5月23日(2009年生)~
 *オスと言われて購入しましたが化けました(笑)過去記事の性別についての記載は訂正していません。

◆スベノドトゲオイグアナ◆
・1号(メス)2013年6月2日~
・2号(メス)2013年12月1日~

◆エリマキトカゲ◆
・1号(メス)2015年10月25日~
・2号(メス)2016年5月29日~
・3号(オス)2016年11月20日~ ←増えました!(2016年12月6日追記)

Frilled Lizard

余り馴れないと言われるエリマキトカゲですがハンドリング余裕、飼い主がケージ前に行くと寄って来て、手の上で餌も食べる程度には馴れています。
まだサブアダルトと言うにも小さいサイズ、爬虫類としては例外的に一般に有名な割には長期飼育も余り聞かない種なのでどうだろうと思いつつ、普段通りに触りまくって飼育中。

Frilled Lizards

◆ジャイアントガロティア(グランカナリアカナヘビ)◆
・未命名(オス)2012年6月3日~
2年程床材に潜って暮らしていたのが、現在ハンドリングOK、手から餌を取るように。

Gian Gallotia

◆ニューカレドニアジャイアントゲッコー◆
・霙(オス)2012年6月3日~

◆ヒョウモントカゲモドキ◆
全員2007年春~飼育開始
・テア(ノーマル・オス)2005~2006年生
・ダグウッド(マックスノー・オス)2007年春生
・ジニア(ハイポタンジェリンキャロットテール・メス)2007年春生
・リコリス(アプター・メス)2007年春生

2016年10月20日現在、上記の通り蜥蜴9匹、ヤモリ8匹の合計17匹。
2016年12月6日現在、蜥蜴10匹、ヤモリ8匹、合計18匹。
2017年2月10日、ヘルメットゲッコーの最後の1匹が落ちて、蜥蜴10匹ヤモリ7匹、合計17匹。
2017年5月後半、レオパ2匹が寿命で逝き、3月と6月にアブロニアを計2匹迎え、蜥蜴11匹、ヤモリ5匹の17匹になりました。

最大時は22匹居ましたが、自分一人で十分眼が届きストレスなく管理できる最大数は20匹程度のようです。

10年ずっと変わらない飼育ポリシーは「ベタ馴れ」 
飼い主を見れば寄って来る、ハンドリングを嫌がらない、ケージから出しても逃げずに手の上で餌を食べる、今居る個体は一応全員クリア。
放し飼いテグーのアシュレイは、本来昼行性のはずが飼い主不在の昼間は寝ていて夕方飼い主帰宅に合わせて起きて来て活動し、トイレも覚え、自主的にシャワーを浴びたり、ベタ馴れと言うより何か違う感じに…。

そろそろ寿命が近づいて来た気配の個体も何匹かいて、初期からの個体はこれから数年でお別れする事になりそうです。
トカゲが好きなはずが導入が手軽なのはヤモリなせいか、ずっとヤモリの方が数が多かったのが今年やっと逆転しました。
今後はヤモリの新規導入はしないつもり。

みんな長生きしてくれますように。
2016/10/21 Fri. 12:00 | trackback: 0 | comment: 7edit

元気です 

こちらのブログも10か月近く放置しておりました。その間にまた増えたり減ったりはしておりますが、大体蜥蜴たちはつつがなく過ごしています。

そろそろうちに来て1年5ヶ月のブルーテグー。4月19日測定、全長105cm、体重3.2kg。ブルーテグーは同属の中でも小さ目で、アシュレイはメスなのでそろそろ長さはこの辺で頭打ちかも知れません。

かつて自主的にケージを去り、放し飼いになることを選んだ彼女、メタルラックの下を棲家と決めたのはいいものの、段々育って潜りづらくなり、勿論出づらくなり、そろそろ入ったまま出て来れなくなるのではと思って注意深く見守っていました。

そしてある日、餌をやろうと呼んだら頭がつっかえて出られない…(笑)そうそれはまさしく「山椒魚(by 井伏鱒二)」。

幅120cm、高さ2mのメタルラックに乗っている沢山のケージや資材を全部片付けて天井の突っ張りを外して、彼女を救出するのは大変骨が折れました。

ラックの最下段を底上げしてフルサイズになっても潜れるようにしたんだけれど、広くなったのが逆に安心できないらしく、その後の棲家は本棚の最下段。まあこちらは出られなくなることはないので好きにさせています。

トイレも覚えると言う程ではないのですが、ペットシーツを敷いておくと(主に飼い主不在時に排泄するので、部屋の1.5㎡程度の範囲に大判のシーツを敷いています)そこでしているので丸めて片付けるだけなので手間要らず。大きい方の誤爆はほぼなく、トカゲは綺麗好きなのでシーツの上でするのが尻尾に付かず快適だと言う事を覚えているのかも。

放し飼いなので部屋ごとエアコン管理ではあるのですが、スポット的にもっと温かい所もあった方がいいかなと、秋に犬用のベッド=袋状になっているのを導入、中にピタ適を仕込んで、一度押し込んでみたらその後は寒い時は自主的にその上か、さらに寒い時は勝手に中に入って温まるようになりました。

飼い主が蜥蜴部屋を覗くと…

超リラックス体勢で行き倒れ。

ブルーテグー

寝顔。

ブルーテグー

ちょっとやそっと触っても起きないけど、写真は嫌いなようで続けて撮っていると睨まれる。

ブルーテグー

しゅるぺろ。

ブルーテグー

頬っぺたがもっとぶるんぶるんになったら出来上がりです。メスだからそんなに大顔にはならないかな。
時々飼い主をガブガブしようとしますが、そんなに素早い蜥蜴でもなく、流石に飼い主も慣れて来たのでそうそう咬まれなくなりました。目つきで飛んで来そうな時は予測できるように。

しかしあんまりガブガブなので、アシュレイさん転じて「阿修羅さん」と二つ名を頂いてしまいました…(笑)

****************

<非公開コメントへのお返事>

フトアゴ・アリアも6歳、年末には7歳になります。ここ最近は以前のようにぱつんぱつんに太る事もなく、流石に歳を感じるようになってきましたがまだまだ飼い主を見ると怒り散らす位には元気です。
3歳までしか生きさせられなかったサイファの分も…と思って育てて来ましたが、ようやくサイファの倍の年齢になりました。

大事にされていたフトアゴを見送られたのは大変悲しい事と思います。サイファの事を思い出します。
良く慣れて飼い主に寄り添ってくれる種類の蜥蜴なので、思い入れも大きくなりますから…。どうかお気落としされませんよう。

可愛がっていた大切なフトアゴと同じ個体は二度と居ませんが、いつかまた出会いがあったら、その時気持ちが癒えていたら、また楽しい時間を過ごす機会を持たれることが出来たらいいなと思います。

こちらこそお世話になりました、また何かありましたらお気軽にお声掛けください。


2015/04/25 Sat. 12:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

ペットシーツを飼っていた 

飼っていて何が面白いのかと言われる蜥蜴がいる。床材に潜って食餌の時しか出て来ない、爬虫類飼育者の間で「砂を飼ってる」等と表現される一連の陰性蜥蜴たち。

が、こいつは基本昼行性で、野生の写真を見ると燦々と降り注ぐ陽光の下で大口開けたりオス同士で血塗れバトルしたりして陰性のイメージはなかったのだが。

2012年6月から飼育、3年目に入り、その間姿を見たのは多分20回もないと思う。常にシェルターに籠るか床材にしているペットシーツに潜るかで、たまに飼い主の前に姿を現したかと思うと、見られているのに気が付いた途端にパニック起こしてケージ中を駆け回りレイアウトを破壊し水入れに飛び込みライトの配線の間に挟まって「ミャー!」と吼える。

昨年はハンドリング頑張ろうと思っていたが、その後テグーも来て余り構っていられなくなり、メンテの時にちょっと触る程度の付き合いを続けていた。

それが先日のメンテでペットシーツを違う銘柄に換えたら、何が違うのか分からないがめくれないのか感触が嫌なのか、下に潜らなくなって常に見える所に居るようになった。隠れても半円形のシェルター下なので横から丸見え。

ペットシーツを飼っているような状態だったが、やっと蜥蜴に進化した様子。

ジャイアントガロティア

シェルターのサイズが12x12x5.5、またしばらく見ないうちにそれなりに育っていたようだ。

ジャイアントガロティア

まあ馴れてはいないので、こういう喧嘩売るような目付きでしか見て貰えない。

ジャイアントガロティア

尻尾とか脱皮しているので、ピンセットでつまんでペリペリやりたいけど勿論許して貰えるはずもなく。

ジャイアントガロティア

サンエステバンにしろテグーにしろ、このガロティアにしろ、みんな下膨れで顎がぷよぷよダブダブになる種類、あと頭の横幅:長さの比率が大体1:2。このバランスが私の好みの蜥蜴らしい。

ジャイアントガロティア

画像では色が飛んでいるが、顎下あたりはオレンジ色が乗って来てる。

世界最大のカナヘビが自分の部屋に居る不思議。

多分現状で40cmは越えている感じ。捕まえて計測するには私一人では難しいので目測だが。
育つと→こんな感じになる(Google画像検索)

茶色くて地味な蜥蜴ではあるが世界一って言うのはやっぱり魅力的ですよ。

ペットシーツから離脱すると嫌でも飼い主を見ることになるので、数日で目に見えて落ち着いてきたと言うか、飼い主の存在に慣れて来たようで眼が合ってパニックはなくなった。
地道に馴らして一応ベタ馴れを目指したいと思う(望み薄)。

大型トカゲーズの近況報告第三弾でした。

あとうちの割とデカい方の蜥蜴というとフトアゴだが…相変わらず嫌われているのでまた今度。

2014/06/21 Sat. 12:00 | trackback: 0 | comment: 0edit